IMG_6283

ARTQブランドスタートいたします!のお知らせです。

皆様に新しいご報告となります。

2000年の創業時のアロマティークという名称にてロゴを一新し、ARTQ organicsアロマティークオーガニクスとして、5月末より販売開始いたします。
それに伴い、社内に「アロマティークジャパン事業部」も発足致しました。

農家からの買付からスタートし、日本の会社として独自で弊社が取得したEUのCOSMOS organic コスモスオーガニック認証(2017年1月に109種の精油および植物油認証登録および取得完了いたしました)の精油と植物油からスタートいたします!さらに5月末よりウェブサイトなども全て一新いたします。(公開になりましたら、追って再度ご報告いたします)

これから詳しく内容などはウェブサイトなどでもお知らせしますが、ARTQ新ブランドはアネルズ買い付けおよび日本の会社として認証を取得しているオーガニックブランド(種類や容量は社内選定で決めております)、マテリアアロマティカは英国ブランド(英国Materia Aromatica社とその認証に沿っています)として展開いたします。お手数をおかけいたしますが、これまでご使用およびお取引してくださっている皆様には、下記の詳しい内容を是非ご覧頂けると幸いです。

以前のジャスミンアロマティーク時代の顧客名簿は個人情報保護の兼ね合いで引き継いでおりませんので、まだ現会社にご登録がない場合には、大変お手数をおかけいたしますが、是非お知らせください。info@aromatiqueorganics.com

私自身は、精油や植物油そして他の製品もこれまで2000年から17年間、
「オーガニックだから」という思いで買付したり、選んだりしたことはありません。

いい商品を、いい香りの新鮮なものをと願うと、どうしてもいつもそこにたどり着いてしまうというのが結果であり、もし同等の質のものがあれば、オーガニック認証でなくても問題ないのです。

しかし、残念ながら私たちの感覚を揺さぶる精油において、質を求めれば求めるほどに、オーガニックではないという選択肢は私には現在ありませんし、農家の方とのやりとりでもそれを実感できます。食も一緒ですよね。「オーガニックだから」という理由だけではなく、そのオーガニックの食材が、みなさんの感覚と身体にとって、ちゃんと美味しいものであってほしいと思います。

取材などでも、なぜ「オーガニック」がいいんですか?とよくご質問を受けますが、私はその答えは結果でしかなく、先に立つものではないと考えています。
表面で受け取る「オーガニック」には意味はなく、継続もありません。

この思いの中で、ARTQとしてオーガニック認証の精油や植物油、トレーサビリティがとれた数多くの代理店を噛まない流通システム、そして他の製品、さらには認証がなくても同等と感じられるものも含めて、みなさんにしっかりと向き合える商品、そして情報を責任をもって提供していきたいと考えています。

是非これからもよろしくお願いします!
そして、みなさんいつも支えてくださって本当にありがとうございます。
心より深謝しております。

***************************************

【ARTQブランドとMateria Aromaticaに関しまして】
これまでお取引をしてくださったり、活用してくださっている皆さんからのご質問が幾つか挙がりましたので、あらためて是非ご説明させていただきたいと思います。

これまで長年Materia Aroamtica社の精油を皆さんにご活用いただいて参りまして本当に感謝しております。ご存知の通り、この精油ブランドは英国のソイルアソシエーションというオーガニック認証機関に属している精油で、大変質の高いものです。私自身も自信を持って皆さんにお伝えしています。

もちろんブランドの傘の下での活動ですが、「オーガニック認証の規制変更」によって、その製造段階や、様々な容量での販売など、これまで日本でできることと、できないことの制限がより多くなって参りました。農家のみならず、ラベル1つ、容量1つがそれぞれがオーガニック認証では規定対象で、自由ではありません。

これは一部の方もご存知の通り、2017年1月にEU(ヨーロッパ)におけるオーガニック認証が2012年からの5年間の移行機関を経て、正式に移行を完了致しました。これによって、これまでできていたことと、これ以降できないことが現場にて生じております。

すでに、私自身も日本に弊害が生じることを予測してまいりました。一時期ジャスミンアロマティークで精油を販売させていただいたこともありましたが、これも同様にオーストラリアでのブランドの傘にて精油を皆さんに紹介してまいりましたが、輸入品として同じ弊害がもたらされることが予測できました。

大変ややこしいお話なのですが、「オーガニック認証制度」のそばでいろいろと確認してきた自分としても、この5年間でどうするか?は1つの大きな課題でした。ほんの数年なのですが、こういったオーガニック規定(レギュレーション)は大きく変化し、その確実な流れは日本に来るのがいつも後付け、もしくは入ってこないままあやふやな状況でわからなくなってしまいます。

皆さんから見ると大変混乱と困惑の状況だと思いますが、規定に沿って間違わず進むことができるかの日々を過ごしてまいりました。もちろん、弊社では品質の保証としても、この状況を「無視」して精油の販売はできないと考えています。

この2017年1月から、弊社株式会社Blue inkでは、日本の会社として正式にEUのオーガニック認証である新しいCOSMOS organicを109種の精油および植物油において独自に査察を受け、正式に取得完了いたしました。また、これに際して、私自身も精油の買付や質の管理、また精油販売における動きをとりやすくなったため、ARTQorganicsとして、あらためてブランド事業として、2000年の創業時のAROMATIQUE(ARTQ)の名称にて販売をスタートすることとなりました。

そのため、今後はARTQ organicsの精油に関しましては、買付から容量違いの販売まで、弊社独自で日本社として取得している認証として自由に皆さんにお分けできるものですが、Materia Aromaticaの精油に関しましては、輸入精油として一部の容量のみの販売となってしまう旨を是非ご理解頂けると幸いです。品質に関しましては、どちらもオーガニック認証に沿った正式なものであり、農家によっての鮮度が保証できているものです。

今後、ブランドによって上記の理由のため、種類や容量(サイズ)違いが生じ、皆様に購入頂ける範囲が異なることを是非ご理解頂けると幸いです。今後、ARTQおよびMateria Aromaticaで展開するウェブサイトにおいても、それぞれのオーガニック認証書は皆様にご確認いただけるようにいたします。

引き続き是非よろしくお願い申し上げます。
そして皆様にご心配とご迷惑をお掛けしますことをお詫び申し上げます。是非ご不明点がある場合には、是非お気軽にお問い合わせ頂けると幸いです。
info@aromatiqueorganics.com