第1回:はじめに

第1回:はじめに

産前産後および分娩時における妊産婦ケアに、アロマセラピーケアを専門家として行う…デニス・ティランと共にこのコースを私がローンチさせた2003年頃、この概念はまだ日本にあまり知られていないものでした。

思い返せば、当時はまだアロマセラピストやリフレクソロジストといった職業自体が日本に目新しく、プロの職業としてのセラピストがほとんど存在しなかったとも言えますので、そうした新しいボディケア・メンタルケアの概念を、日本では医療の領域が関係する妊産婦に適応する、ということは現実には想像しづらいと、関係者誰もが思っていたことと思います。

妊娠から出産、そして産後ケア(周産期、分娩そして産褥ケアまで)、女性にとって心と身体に大きな変化をもたらす期間。その変化に伴う変化と不調和をどのように改善し、どうセルフケアを行うことができるのか? そしてその時間はもっと豊かに、もっとかけがえのないものになるはずだと、学べば学ぶほどにその気持ちを強めていきました。

すでに、多くのプロセラピストや助産師、看護師の方々が卒業生として羽ばたいていかれたこのコース。コースが出来るまでの経緯と、その内容をこの場でお話したいと思います。

Annells Azusa

>>> 「第2回:産婦人科医の父を通して見てきたこと」を読む