第3回:メンタルトレーニングで実感した「心と身体」のつながり


 

第3回:メンタルトレーニングで実感した「心と身体」のつながり

 
兄弟の中では私だけがスポーツ競技の道に進み、違った経験の中でメンタルトレーニングを受けたりなど、「心と身体」のつながりを深く考えさせられました。

「心と身体のつながり」――アスリートにとって、この言葉は独特な意味を持っています。心身の状態がどちらも整わないと、競技スポーツで結果を出すことは、トップアスリートが集まれば集まるほど難しくなってきます。これは、どんなトップアスリートにも同じ状態があり、私自身も身を置いた全国各代表が集まった大学代表チームでは、ある程度の極限までそれを感じながら試合に向かい続けていたと思います。

言葉ではなかなか説明がつかないのですが、私たちにとって大切なメンタルコントロールに関して、同じ女性として妊産婦さんが妊娠してからの生活や身体、そして心の変化に応用できないか?と思ったのも、おそらく小さいころから妊産婦さんがとても身近な対象であったからなのだと思います。なにかそこには直感もあったのかもしれません。

>>> 「第4回:3年に及ぶ英国留学」を読む