精油の化学&ブレンディングフォーミュレーター養成講座

07_consulting

 

精油ブレンド学Ⅰ
精油を「素材」として体感し、視て、触れて学ぶことを軸に「香りを楽しむ」という原点に立ち戻って精油の理解を広げていくことを目指すコースです。

精油ブレンド学Ⅱ
Iの授業から進んで、「イメージや空間」や「商品」によりフォーカスし、 企画書作成を含めたブレンド方法を学びます。個々のクライアントにフォーカスした症状や症例とその捉え方、コンサル テーション方法を含め、実際の精油のブレンドとバランスに特化した授業構成となります。 授業内では、何度もブレンド作りに挑戦し、実際のケーススタディ形式において手を動かして学ぶ実習時間が多いアドバンスコースです。

精油ブレンド学Ⅲ
I~IIで得た知識や技術を基に、更なるプロフェッショナルスキルを習得します。実際のブレンドルーム想定し、カスタマイズブレンドの一連の流れを体感し、習得する授業です。精油オリジナルブレンドを、ケーススタディに沿って数回繰り返して制作しながら見えてきた課題を一緒に共有し実践力を身に着けていくコースです。

 講師一覧

Azusa Annels (アネルズあづさ)

Jasmin Skincare Japan Representative Office代表
Jasmin Aromatique Group AUS 取締役

ガブリエルモジェイ氏率いるInstitute of Traditional Herbal Medicine and Aromatherapy ディプロマコースを修了後、各アドバンス コース、リフレクソロジーコースへ進む。その後、アロマセラピー、特に精油のフォーミュレートや妊産婦に対する専門的な知識と技術を深め、 帰国後より医療従事者や一般向けの講座やセミナーを行う。現在は、世界のジャスミンアロマティークグループ全体のグローバルエグゼク ティブプリンシパルとして、アロマセラピーを軸とした商品開発や教育に従事。 ジャスミンアロマティークインスティチュートのメイン講師を務める。

 モジュール

精油ブレンド学Ⅰ
香りと精油&ブレンディング

ブレンディングフォーミュレーションの基礎
素材となる精油を深く理解する
各国の農家における精油の蒸留、生育状況、 環境保存
言葉からイメージして香りを創る
香りの種類、ノートの嗅ぎ分け

精油ブレンド学Ⅰ
精油の化学

現場で働くアロマセラピストに必要不可欠な化学の知識とは
精油の安全性とその判断力
精油の化学成分とそれぞれの薬理作用
合成化学成分単品と天然精油の嗅ぎ比べ
成分分析表の理解と「混ぜ物」
「合成」の見分け方
化学成分への理解をブレンディングテクニックに活かす技術

精油ブレンド学Ⅰ
ブレンディングアート

調香ワークショップ(イメージ通りの香りを創る・ブレンドから個々の香りを感じ取る・似せた香りを創る)
ブレンディングのスペシャリストとして必要な知識と芸術性
心と身体に深くアプローチするためのコンサルテーション&ブレンディング方法
ブレンディングという仕事に対する捉え方

 

授業風景(画像クリックで拡大)

b_01
B_02
B_03
B_04
B_05

  

 

Jasmin Aromatique Instituteにご関心をお寄せいただきまして、誠にありがとうございます。ご不明な点はお気軽にお問合わせください。お問合せ内容の確認後、担当者よりご連絡させていただきます。
 
お電話でのお問い合わせ:03-4285-8576 | 受付時間:平日 09:00〜17:00
インターネットからのお問い合わせはこちら